日常生活を少し快適にするあれこれの情報をお届け

小僧のあれこれ

Mac PC iPhone スマホ

iPhoneのsafariでDashlaneのパスワード自動入力を使う方法

投稿日:

iPhoneでsafariを利用中に、パスワード管理アプリ Dashlaneを使用してメールアドレスやパスワードを自動入力し、簡単にログインする方法をご紹介します。

iPhoneを利用中のみなさんは、パスワード管理をどうしているでしょうか?パスワード管理アプリを利用している方も多いと思います。

それではsafariもしくは他のブラウザを利用中にパスワードを入力する必要がある場合はどうしているでしょうか?

iOSではキーチェーンという機能でパスワードを記憶しておくこともできますが、せっかくパスワード管理アプリを利用しているのだから、そのアプリを利用して入力したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

そういう場合はパスワード管理アプリ内でパスワードをコピーしてそれをsafariで貼り付けるケースがパターンで多いかもしれません。これは少し面倒くさい。

パスワード管理アプリ内のブラウザで自動ログインしてくれるものもあります。今回ご紹介するこの「Dashlane」にもその機能がありますが、ブラウザの性能がいまいちであまり使う気になりません。

そこでこのDashlaneの拡張機能です。

Dashlaneはすでに使っている方も多いかと思います。おそらく最近のアップデートで可能になったのだと思いますが、safariなどのブラウザ内でこのDashlaneを起動して、自動でパスワードを入力することができるようになっていました。

これがとても便利だったのでご紹介しておきます。

まずDashlaneを単体で起動します。

そして画面の下に並んでいる「ツール」のアイコンをタップして、Dashlane拡張機能をONにしてください

Dashlane起動

次にsafariを起動して、自分がログインしたいウェブサイトのログインページを開き、画面を下にスワイプして表示されるアイコン(下の画像の矢印のところ)をタップ。

ログイン画面

そして下の画像の矢印の部分を左にスワイプします。

左にスワイプ

するとDashlaneのアイコンが表示されていますのでそれをタップ

アイコンをクリック

するとDashlaneが起動します。指紋認証をONにしておくとさらに便利です。

すでにDashlaneにそのサイトのパスワードが保存されている場合(DashlaneにサイトのURLが登録されている必要があります)は、アカウントが表示されていますのでそれをタップ(まだ保存されていない場合は「パスワードを追加」をタップして保存しましょう)

アカウント選択

すると自動的にメールアドレスやパスワード欄に入力されログインすることができます。

もし「Dashlaneはこのページにフォームフィールドを検出しませんでした」というメッセージが表示されたら、ページをもう一度読み込み直してみましょう。

登録してあるはずのアカウントがDashlaneに表示されない場合は、URLが登録されていないか、以前に登録した時とは異なるURLのログインページを開いているかもしれません。

Dashlane「Dashlane - セキュアなパスワードマネージャーとモバイルウォレット」

広告

-Mac PC iPhone スマホ
-,

Copyright© 小僧のあれこれ , 2019 All Rights Reserved.