アダプティブクリーンとダイアモンドクリーンを比較して

ソニッケアーのブラシヘッドをアダプティブクリーンに変更してから3ヶ月が経過しました。

これの前に使用していたのは、ダイヤモンドクリーンのミニサイズ。

ダイヤモンドクリーンのミニサイズを使用していた時にはパワーの弱化を感じていました。それは長期間の使用でバッテリーの劣化による仕方のないものだと思っていましたが、アダプティブ(以下クリーンを省略)にブラシヘッドを変更したところ、かなりのパワーアップを感じて、どうやらバッテリーの劣化が原因ではなさそうだということが分かりました。

私はヘッドが大き方がパワーが出やすいのだろうと考えました。アダプティブはダイヤモンド(以下クリーン省略)ミニサイズの倍くらいの大きさがあります。

アダプティブクリーンを3ヶ月使用して

アダプティブにはほぼ満足していました。決して完璧ではありませんが、電動歯ブラシの恩恵を十分に実感できるものだったと思います。

切り替えた当初は、前のブラシヘッドには戻さないだろうと思っていましたが、ずっと気になっていたことがありました。

それはブラシヘッドが大きくなったことによるパワーアップ感です。

ダイヤモンドのミニサイズよりアダプティブの方が優れていると感じたのは事実ですが、それほど大きな差だとは思っておらず、ダイヤモンドのスタンダードサイズならどうだろう?ということなんです。

アダプティブを使い始めて丁度3ヶ月経ち、メーカー推奨の交換時期ということもあり、まだ予備はありますが、ダイヤモンドのスタンダードサイズを試してみることにしました。

アダプティブクリーンの劣化具合

ちなみにアダプティブは1日約4分×2回で3ヶ月の使用でした。予備の新しいアダプティブに変えてみたところ、それほど磨き心地の差は感じませんでした。ダイヤモンドのミニサイズを使用していた時は、ブラシを新しいものに替えるとかなりの磨き心地の違いを感じましたので、アダプティブは比較的劣化が穏やかなのではないかと感じました。(あくまで私の主観です)

ダイヤモンドクリーンスのスタンダードサイズとアダプティブクリーンを比較

ここからがダイヤモンドクリーンのスタンダードサイズとアダプティブクリーンの比較になります。

まず下の画像をご覧いただきたいのですが、2つのブラシを並べてみると長さはあまり変わりませんが、幅がダイヤモンドのほうがかなり細いです。そして最も大きな違いは、ブラシの毛の並び方でしょう。

アダプティブとダイヤの比較

アダプティブはブラシの毛の違いはありますが、束の並び方がほぼ均一でそれぞれの間隔が少し広い。一方ダイヤモンドは、毛の違いもあり、束の形状も並び型も複雑です。束の間隔も狭く、特に中心部はかなり密集しています。

パワーに関しては、アダプティブの方が強い感じがしますが、そこまで大きな差ではありません。ブラシを振動させる本体のパワーは一緒なので、振動の伝わり方が違うといった感じなのだと思います。

ダイヤモンドではミニサイズよりレギュラーサイズの方が明らかにパワーが上だと感じます。やはりヘッドが大きい方がパワーが強く感じるようです。

それで実際どちらがしっかり磨けているのかということですが、どちらもしっかり磨けていると言っていいんじゃないでしょうか。甲乙つけがたいといったところです。これは最早好みや相性の問題かなと思いますが、少しは両者の磨き心地に違いがあります。

あくまで私の主観で書きますのでご了承ください。

アダプティブは口の中全体がさっぱりするような感じで、ダイヤモンドのスタンダードサイズは、より歯の表面がツルツルになるような感じです。

口の中(勿論ブラシを当てているのは歯と歯茎なのですが)の爽快感はアダプティブ、歯のツルツル感はダイヤモンドですね。ですが差はわずかと言っていいと思います。

アダプティブはブラシ毛の配置がほぼ均一でしかも平面的で、面で磨くという感覚かもしれません。

しかしブラシの束と束の間隔が広いのが気になると言えば気になります。自然とブラシを少しズラしたくなるというか、束と束の間が磨けていないんじゃないかと不安になりますが、実際固定しているつもりでも多少は動いているでしょうから6、気にする必要はないのでしょう。

一方、ダイヤモンドはブラシ毛が密集していて、形状もぼこぼこ特に中心部のグリーンのブラシ毛でピンポイントに狙うような感覚です。

いくつか違いを書いてみましたが、どちらが優れているというような事は言えず、好みや相性の問題だと思います。ブラウンを使用した事がないのではっきりとは言えませんが、電動歯ブラシのブラシヘッドの性能としては、どちらもトップクラスなのではないでしょうか。

現在どちらかを使用中の方で満足していない方はもちろん、満足している方でももう一方を試してみるとさらに自分にフィットするかもしれません。ぜひ試していただきたいです。

ちなみに以前の記事で、しばらくはアダプティブクリーンから変えないと言いましたが、ダイヤモンドクリーンスタンダードサイズの方が好きかもしれません。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. ぼーず より:

    とても役に立ちました(^^)
    私はダイヤモンドクリーン(レギュラー)とプロリザルツ(ミニ)を使っているのですが、プロリザルツで磨いたほうがツルツルになります。ダイヤモンドと比べて毛が柔らかいから歯面にフィットしやすいのかなぁ。アダプティブも試してみたいのですがヘッドがデカイのが気になってなかなか手が出せません。しかもプロリザルツが販売終了?のようで次に何にするか迷ってます^^;

    • kozou より:

      コメントありがとうございます!
      プロリザルツ終了しちゃうんですね。私がプロリザルツ(ミニ)からダイヤモンドクリーン(ミニ)にした時はダイヤモンドクリーンの方が磨けてる感はありましたね。やはり相性があるんでしょうね。ぼーずさんはミニの方が相性いいのかもしれませんね。私もダイヤモンドクリーンではミニの方が磨き易かったですが、レギュラーの方がパワーが大きい感じがしてそっちを選んでいます。現在ダイヤのレギュラーを使用中ということなので、そこからミニにすると少しパワー不足を感じてしまうかもしれません。しっかり磨けていれば問題ないのでしょうけど。アダプティブはこれまでのソニッケアーのブラシとは少し方向性が違う気がします。よりゴシゴシと磨こうとしているというか。ブラシ毛も少し硬い感じがします。そして問題のヘッドの大きさですが、大きいのは確かでかなりデカく感じます。ダイヤのレギュラーよりさらに一回り大きい感じですね。なので歯並びが悪かったり、細かく丁寧に磨くにはいろいろと難しいですが、ただその分パワーは凄いですよ。相性が合う合わないがハッキリと出るブラシだと思います。是非試して頂きたいとは思うんですが、試しに使ってみるっていう価格じゃないですよね相変わらず。私は今プロリザルツガムヘルスが気になっていて他にも試したいのがありますが、高い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です